開催主旨Aims of the Show

held_gist

日本の農業は、農業機械の普及により経営規模の拡大が進みましたが、農業従事者の高齢化や担い手不足などの構造的な問題が生じています。その様な情勢の中で、近年GPSやICT(情報通信技術)、ロボット技術等を活用した機械が普及し始めており、これらの技術が、これからの日本の農業の発展を大きく変えていくものと期待されています。

わが国最大の食料供給基地である北海道・十勝において4年に一度開催される農業機械展ですが、第34回はこの様な最先端技術を搭載した高性能、高能率、省力化の諮られた最新鋭の農業機械が展示されると思われます。

日本一の大規模農業が営まれる十勝農業の魅力を世界に向けて発信するとともに、これからの農業のあり方について語り合える場として、「第34回国際農業機械展 in 帯広」を下記のとおり開催いたします。多くの方が来場されることを期待しております。