開催主旨Aims of the Show

held_gist
わが国の農業は、農業機械の普及により大きな進歩を遂げましたが、農業従事者の高齢化や後継者不足などが進む中で、わが国の農業を次世代に繋いで行くための様々な取組みが進められています。

農業をめぐる情勢が大きく変動する中で、これまで私たち農業機械業界は、「農業機械なくしては明日の農業はない」との強い信念のもと、農業機械の開発・改良に取り組み、わが国最大の食料供給基地である北海道・十勝からその時代に即応した最新鋭の農業機械を発表する場として、4年に一度農業機械展を開催しています。

日本一の大規模機械化農業が営まれる十勝、そこで生産される安全・安心な農産物、美しい景観など、十勝農業の魅力を世界に向けて発信するとともに、いま一度「地球にとって、人類にとってよりよい農業とは何か」を真剣に考え、語りあう場として、「第33回国際農業機械展 in 帯広」を開催いたします。