農機展経緯History

今回33回目を迎える農機展の歴史は、1947年に十勝会館前広場で開催された「自由市場交換即売会」に端を発します。その後「畜力農機展示会」、「全道農業機械展」、1967年の第19回には「全国農業機械展」となり、次第に規模が拡大されて全国から大勢の来場者が来るようになりました。1982年の第25回以降からは、4年ごとに開催するようになり、2002年の第30回から「国際農業機械展in帯広」と名称を変更し、国内のみならず海外からの出展もあり、多くの来場者を集めている。

西暦 開催名 開催場所 開催期間 併催事業名
1965 第17回全道農業機械展 亜麻工場 8/14~8/16
1966 第18回全道農業機械展 亜麻工場
1967 第19回全国農業機械展 西帯広工業団地 9/7~9/9
1968 第20回全国農業機械展 西帯広工業団地 8/14~8/16
1969 第21回全国農業機械展 西帯広工業団地 8/14~8/16
1970 第22回全国農業機械展 西帯広工業団地
1975 第23回全国農業機械展 中島大橋上流
1976 第24回全国農業機械展 十勝農業試験場 7/9~7/11 十勝農試開基80周年
1982 第25回全国農業機械展 旧帯広空港跡 7/17~7/25 グリンピア82十勝博
1986 第26回全国農業機械展
「大地とともに機械を語ろう」
帯広の森 8/20~8/24 十勝ステーッフェア86
1990 第27回全国農業機械展
「北の大地から新しい風を」
帯広の森 8/22~8/26 十勝ステーッフェア90
1994 第28回全国農業機械展
「21世紀農業への希望をのせて」
帯広の森 8/23~8/27 十勝ステーッフェア94
1998 第29回全国農業機械展
「北の大地からあなたに希望を」
十勝農協連共進会場跡 8/22~8/26 十勝食彩祭98
2002 第30回国際農業機械展in帯広
「未来豊かな新世紀農業へ」
北愛国交流広場 8/23~8/27 十勝食彩祭2002
2006 第31回国際農業機械展in帯広
「新世紀農業さらなる飛躍へ」
北愛国交流広場 7/13~7/17 十勝食彩祭2006
2010 第32回国際農業機械展in帯広
「次世代農業へ新たなる挑戦」
北愛国交流広場 7/ 8~7/12 口蹄疫発生により延期
2011 第32回国際農業機械展in帯広
「次世代農業へ新たなる挑戦」
北愛国交流広場 7/ 7~7/11 東日本大震災発生により中止
2014 第33回国際農業機械展in帯広
「次世代農業へ新たなる挑戦」
北愛国交流広場 7/ 10~7/14 フードバレーとかち食彩祭2014